新着情報

2021.11.08

【さが国際フェスタ2021 演舞報告】

今回は九州スタジオ統括、岩﨑ひすい先生からのレポートです!
 
 
2021年、10月最後の日曜日。
九州メンバーで、さが国際フェスタ2021のメインイベントに参加させていただきました。
 

 
 
佐世保、有田、武雄、佐賀でそれぞれ練習しているメンバーが集結。
レインボーチルドレンプロジェクト作品「We Are One」
そして須賀IZANAI連九州として「五龍」を披露しました。
 
いろんな国の方が集まっており、それぞれのパフォーマンスへの反応も豊か!
たくさんの歓声や手拍子をいただき、とても幸せな気持ちで踊ることが出来ました。
 
 
We Are One
「私たちはひとつ!」「We Are One!」の言葉に込められた想いを一生懸命考えながら
取り組んできた作品。
 

 

 

 
「世界のどこかに、必ずこのエネルギーを必要としている人がいると信じて踊ろう!」
そんなひたむきで一生懸命な子どもたちのエネルギーは、後ろから見ていても涙が出そうになるぐらい。10年ほど前に踊っていたメンバーも、懐かしい!あの頃の気持ちを思い出した、と感激していました。


五龍

 
九州のお披露目!ということもあり、緊張も気合も十分でした。会場にはずっと楽しみにしてくださっていた方も多く、有難かったです。
 
「五龍の踊りをみんなに踊ってほしい、幸せになってほしい」先代からの祈りのリレーは
スタートを切ったばかり、これから九州でも多くの人と分かち合っていきたいと思います。
ぜひ練習にいらしてください!
 

 
改めて、お祭りやイベントって本当に大切な場だったんだなと実感します。
 
好きなことに情熱を傾けること
喜びを思いきり表現できること
誰かと分かち合えること
 
毎週毎週当たり前にあった頃は、どこかルーティン化してしまい、わかっているつもりになっていたのかもしれない…と、若干反省もしました。
 
そしてこの場を準備して下さる方々がどれだけ見えないところでご苦労をされているか…
 
演者としては、集まった方々に喜んでいただくことが自分達のパワーにもなり、主催側の喜びにもつながることを忘れず、謙虚に努力を重ねたいと思いますし
 
いつも、自分以外の立場からの目線を持って、考え、行動し、創意工夫していくこと…
 
忘れないようにしたいと思います。
 
改めて、ありがとうございました。
今後とも応援よろしくお願いいたします!
 

 
わたしたちは、ひとつ!!!

次回は熊本県人吉市にて五龍の奉納演舞を予定しております。
詳細は後日、お知らせいたします。
 

戻る

ページの先頭へ