新着情報

2021.10.19

【第六回 横浜よさこい祭り〜いい世さ来い〜に参加致しました!】

今回は関東スタジオ統括、加治久美子先生からのレポートです!
 
 
10月17日(日)に神奈川県横浜市にて開催の、
「第六回 横浜よさこい祭り〜良い世さ来い〜」へ千葉県、東京都、神奈川県のメンバーが集結し、「須賀IZANAI連関東」として参加させていただきました!
 

 
この祭りは全40チームに動画参加10チーム(なんと北海道から佐世保まで!)という、
例年より演舞会場の規模は縮小されましたが、見ごたえのある祭です。
 
実行委員会さんたちは感染状況が厳しい中でもあきらめず、「良い世さ来い」を行うために
祭りの準備を協議に協議を重ねつつ、コツコツ続けて来られました。
その心意気に応えたい!と私たちもオンラインを駆使しながら練習を重ねて参りました。
 
演舞させていただいたのは
「正調よさこい鳴子踊り〜Yosakoi Remix~HEY∞WA~」というスペシャルメドレーです。
ルーツである正調よさこい踊りにリスペクトを込めつつ、コロナ禍だからこそ生まれた
「よさこい8」の楽曲たち、という時代を繋ぐ1曲となりました。
 
そこへ、なんと今回は「よさこい8」のピンク担当の田中恵美子さんが所属の
「絆国際チーム」さんとご縁が重なり、田中恵美子さんとフラチナリズムのヴォーカル、
モリナオフミさんの2名に演舞に参加いただくという、スペシャルコラボも実現致しました!
 

 
 
踊り、曲、歌の相乗効果で、たくさんの人によさこいの喜びや、
祭りで心が沸き立つ感覚を思い出していただけたらいいな、と願い力の限り演舞致しました。
 
雨が降り、海風が吹きすさぶ中、かじかむ手に鳴子を持って踊るというのは過酷ではありましたが懐かしい2年ぶりの風景でした。
 
しかし今年は、「久しぶり!」と踊り子同士で再会を喜ぶのも少し距離を空けて。
観客からの応援は手拍子で。さらに観客席の入り口には、延々と体温を測り、
手指の消毒を呼びかける踊り子兼スタッフさんの姿がありました。
 
また一つ忘れられないお祭りとなりました。
実行委員会の皆様をはじめ、関わってくださった皆様、誠にありがとうございました!
 
ここからまた世界中へといいエネルギーが発信されて
本当にいい世が来るきっかけの一つになれた!ような、気がしました!
 
次は関東でも「五龍」を演舞できるよう、フルスロットルで練習を重ねております!
演舞情報が決まりましたらこちらでお知らせさせていただきます!
 
いつもありがとうございます!
 
 
お祭りの詳細は関東スタジオのブログにて報告しております。
ぜひご覧ください!
 

戻る

ページの先頭へ