新着情報

2018.03.28

新山口駅北口駅前広場 オープン・フェスティバル・生協祭り  

  
先週末(3/24,25)、山口県で行われた
新山口駅北口駅前広場 オープン・フェスティバル・生協祭りに
須賀IZANAI連 参加させて頂きました!
 
 
新山口駅北口駅前広場 オープン・フェスティバル
  
SL「やまぐち」号の出発を合図に、
踊りや太鼓、吹奏楽の演奏のほか、
明治維新150年 幕末維新の一つのイベント
山口・高知・鹿児島チームによる「よさこい乱舞」ステージイベントが行われ、
須賀IZANAI連は、12名の踊り子で参加させて頂きました!
 
鹿児島からは薩摩源氏螢の4名が参加。
 
 
(高知、鹿児島メンバー)
 
 
同じく土佐の高知からはTACYONさんとゲストでご一緒致しました。
 
 
  
  
先日、3月17日に行われた肥前さが幕末維新博に引き続き、
薩長土肥の踊り子たちが集まりました。
 
演目は、日月カムナガラ・まほろばの2曲を踊らせて頂きました。
 
 
山口県とは、2001年〜2002年にかけて
『山口県によさこいを広めよう!」という想いのもと、
青年会議所、街の有志の方々が一丸となり、
【山口よさこい維新】と言うスローガンを掲げ、
きらら博や数々のお祭りを立ち上げ、地道に着実によさこいのエネルギーを広げていました。
  
 
その時に須賀よさこい連として、プロデュースや振り付けで関わらせて頂きました。
 
 
あれから18年。
当時の火種を山口県の皆様が大切に守り、実践を積み重ね、
まさに今、再びあの当時の立役者が集結した瞬間でした。
  
 
当時の演舞曲『まほろば』を踊る
【須賀よさこい連】に反応される観客の皆様の様子に
私たち自身が感動を覚えました。
 
 
18年間、愛され続けている総踊り、『男なら』をみんなで踊り、
お祭りのエネルギーを未来へ送り出しました。
 
その夜の交流会でのたくさんの思い出話と真心のこもった数々の挨拶は、
本当にこの活動をしてきてよかったと感じさせて頂ける素晴らしいひとときでした。
 
 
3月25日(日) 生協まつり
 
こちらの会場は、2001年に開催された【 山口きらら博覧会】のイベント開催地であり、
当時、山口きらら博覧会で須賀よさこい連が踊らせて頂いた会場です。
 
懐かしい会場に、18年前の光景を思い出し、
我々も原点を思い出し、振り返るきっかけを今回頂きました。
 
 
2001年  山口きらら博覧会のイベント映像
須賀先生の振り付けの『男なら』長州連合会の演舞映像です。
 
 
この作品は、2011年 山口国体オープニングでも
760名の踊り子が合同演舞で踊らせて頂いた作品です。
 
現在も山口県のお祭りでは、踊り子の皆様が大切に踊って下さっています。
 
 
我々も原点を見失わず、
須賀IZANAI連の一つ一つの活動が、
これからの皆様の未来に繋がっていきますように。
 
 
今後とも、皆様と共に歩んで参りたいと
心から思わせて頂いた2日間の山口遠征となりました。
 
 
山口県の皆様、2日間 誠にありがとうございました!!
  
 
次の須賀IZANAI連 合同演舞予定は
5月5日 広島フラワーフェスティバルです!
  
  
近日中に踊り子募集も開始致します!
 
また皆様にお会いできる日を楽しみにしております!!!
  
 
演舞動画はこちら↓
須賀IZANAI連 日月カムナガラ・まほろば 

戻る

ページの先頭へ